2022年3月17日木曜日

Summer Night Market

Summer Night Marketって?

前回Queen Victoria Marketについてご紹介しましたが、
今の期間ビクトリアマーケットはもう一つの顔を持っています。

多くの店が入っていて観光地としても楽しめるQueen Victoria Marketですが、
前のブログでも記載した通り、夕方早くに店が閉まってしまいます。

そんなビクトリアマーケットで夜の時間でも雑貨店やフードを
楽しめるイベントが今回のSummer Night Marketです!
















場所
場所はそのままQueen Victoria Marketで開催されております。
Queen St, Melbourne VIC 3000にあり、
地図アプリでQueen Victoria Marketと検索すると出てきます。
ここは駐車場も大きくて、マーケットの隣の大きな屋外駐車場と
すぐ近くに立体駐車場もあります。
(私は空きスペースがなくて停めれなかったことは今までに一度もありません)
















時間帯
毎週水曜日の午後5時から午後10時まで開催されています。
期間は4月6日までと長期間催されており、忙しい方でも一度は行けるのではないでしょうか。


昼間に営業している屋内の鮮魚や精肉の売り場には入れません。
昼間に雑貨の簡易ショップが並ぶスペースに何店舗もの出店で
フードが売られたり、雑貨店がお店を開けていたりと大盛り上がりです。
個人的にはメルボルンに来て以来、一番多くの人を一箇所で見ました笑
フードショップはどこもすごい行列で待つことは間違い無いです。。。




















個人的にはここまで盛り上がる屋外のイベントが
何ヶ月も毎週催されているのには驚きました!
行く前にはそんなに人がいるとも思っていませんでしたが、
実際に行ってみると人がたくさんいて、食べ物を買ったは良いが
テーブルがないという状況で皆さん立って食べていました😅笑


また、中央部には小さなステージがあり、バンドが生演奏をしていたり、
入り口横のスペースで大道芸をしていたりと、本当に「お祭り」騒ぎでした😁



4月6日まで開催しているのでまだ行ったことがない方は
この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

オーストラリア駐在ジャーナル
伊部

2022年3月6日日曜日

日本を味わいたい方にオススメのカフェ

皆さんにぜひオススメしたいカフェをご紹介します!

カフェの名前【279】



場所
279 Victoria St, West Melbourne VIC 3003
お店の前をトラムが走っているのでアクセスもしやすいと思います!


営業時間
月曜日 7時00分~15時00分
火曜日 7時00分~15時00分
水曜日 7時00分~15時00分
木曜日 7時00分~15時00分
金曜日 7時00分~15時00分
土曜日 8時00分~15時00分
日曜日 8時00分~15時00分

日本人のオーナーさんが経営していてほとんどが日本人スタッフでした😆

店内はこんな感じになっています!



















メニューは日本を感じられる
おにぎり、味噌汁、お惣菜などがあり
デザートはくず餅や抹茶ティラミス、ドーナッツなどがありました!

おにぎりの種類が豊富で選ぶのにかなり迷いましたが
私はネギトロアボカドおにぎり、味噌汁、抹茶ティラミスを頼みました😁

























































ドーナッツも食べたかったのですが売り切れになっていて食べれませんでした😩

お昼くらいに行ったのですが結構売り切れのものが多かったので
少し早めに行くことをオススメします👍

初めて行ったのですが売り切れで食べれなかったものが何個かあったので
またリベンジしに行こうと思っています!笑

味も本当に美味しくて店員さんもフレンドリーに話してくれるので
とても居心地がよくオススメのカフェです!

気になった方がいらっしゃったらぜひ一度足を運んでみてください❤️

オーストラリア駐在ジャーナル
伊部


2022年2月27日日曜日

おすすめスポット【THE LUME】

THE LUMEって知っていますか?

屋内で遊べるスポットを見つけたのでご紹介させていただきます!

AUSTRALIA'S DIGITAL ART GALLERYで
例えるなら日本の”チームラボ”みたいなところです!

ゴッホの作品を題材に作られています🙋































住所
5 Convention Centre Pl, South Wharf VIC 3006
トラムで目の前まで行くことができます!

会場はExhibition Centreにありますので皆さんご注意を!!
私はずっとConvention Centreの中を探していて全然見つからず
予約時間も迫っていてかなり焦りましたが、Exhibition Centreにありました(笑)

Exhibition Centreに入るとTHE LUMEまでの道順が矢印で書いてあるので
ご安心してください!絶対に迷いません!(笑)

私はオンラインでチケットを購入したのですが
会場前にチケット売り場がありそこでも購入できます👍

営業時間
月曜日 10時00分~20時00分
火曜日 10時00分~20時00分
水曜日 10時00分~20時00分
木曜日 10時00分~20時00分
金曜日 10時00分~21時00分
土曜日 9時00分~21時00分
日曜日 9時00分~20時00分

チケットの価格は時間帯や種類によって変わりますので
サイトでご確認ください😀
https://thelume.com/melbourne/

ちなみに私は平日の15時に行ったのですがチケットは$39でした!

予約は1時間ごとにでき滞在時間の制限はなく
入場時間だけ決まっている感じでした😊

中はこんな感じです!





























人気のひまわり畑です!




















カフェも入っていて飲み物を飲みながら鑑賞ができます👌




















滞在時間は1時間くらいでしたがとても楽しめました!
お土産コーナーも可愛いグッズがたくさんあり私はキーホルダーを購入しました!

ご家族で来られている方もたくさんいらっしゃり
屋内なので天気が悪くても問題ないです!!

インスタ映え間違いないスポットですので
ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか😆

引き続き楽しいオージーカーライフをお過ごしください。

オーストラリア駐在ジャーナル
伊部







2022年2月21日月曜日

ここは必須!【Queen Victoria Market】

























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルボルンにあるQueen Victoria Market 
皆さん行かれましたか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
駐在会話では必ず出てくるマーケットですが、

今回は、メルボルンのシティ内にあるマストの一つのQueen Victoria Marketについてご紹介させていただきます。

Queen Victoria Market
ビクトリアマーケットは、メルボルンのCBDにあるとても大きなマーケットです。

レストラン・雑貨店・鮮魚・精肉・野菜・果物など
様々なお店が入っていてメルボルンに住んでいると、
絶対に行っておきたいショッピングプレイスです。

個人的には精肉店の牛タンを一本丸々購入して捌いて焼肉にして楽しんでます笑

ちなみにビクトリアマーケットは日本人界隈では「ビクマ」と省略して呼ばれていたりします笑

また、Queen Victoria Marketはウィキペディアによると南半球最大の野外市場だそうです!
最大が大好きな日本人にとってこれだけで行く価値があるのではないでしょうか笑

シドニーではなくメルボルンのマーケットが最大というのは、
メルボルン在住の私にとっては何か嬉しいです笑

そんなビクトリアマーケット、場所はQueen St, Melbourne VIC 3000にあり、
地図アプリでビクトリアマーケットと検索すると出てきます。
(オーストラリアは日本語で検索しても出てくる場所が多くてありがたいです笑)

ここは駐車場の収容規模も大きく、
マーケットの隣の大きな屋外駐車場と、すぐ近くに立体駐車場もあります。
(私は空きスペースがなくて停めれなかったことは今までに一度もありません)

お店
マーケットには本当に多くのあるので紹介しきれないので、
ご自身で探していただくのが良いと思います!
カテゴリで分けると、
・レストラン・カフェ
・精肉・鮮魚
・雑貨
・野菜・果物
に分けられるので、それぞれを簡単にご紹介したいと思います。

レストラン・カフェ
レストランやカフェはマーケットの中にもその場で購入できるホットドッグやカフェもありますが、主にマーケットの外側にあります。

























マーケットの周りにはオーストラリアらしく、
多種多様なフードが食べられます。
カフェやサンドイッチのようないつもの食事や、バオやパエリアなど他国の食べ物にも挑戦できます。

精肉・鮮魚
精肉・鮮魚はマーケットの完全屋内スペースにあります。
いくつもお店があり、通ううちに自分の行きつけが決まってきます。

建物中は、チーズや軽食を扱うお店が並ぶエリアと、
鮮魚や精肉を扱うお店のエリアで分かれます。

















建物中は、チーズや軽食を扱うお店が並ぶエリアと、
鮮魚や精肉を扱うお店のエリアで分かれます。
上の写真はチーズやお菓子などが多いエリアです。

















こちらの上の写真は鮮魚店です。
新鮮な魚が並びついつい見ちゃいます。
個人的にはたまに登場するアジをいつも探しながら歩きます。
オーストラリアでは牡蠣を売るお店が多く生食用がありとても美味しいです。

雑貨店
雑貨店は屋根だけがある屋外スペースにまとまっています。
















個人で出されているお店が多いようなイメージです。
お店の数も多く、マーケットを賑やかにしてくれています。
ちなみにロックダウン中は食料品以外のお店はクローズしていたのですが、
あるとないのとではマーケットの雰囲気が大きく違いました。
















こちらの上の写真はロックダウン中の雑貨店スペースです。
雑貨店がない時のマーケットはすごく寂しく、
空いていても何か買い物をする訳でもないのですが、あるだけで楽しさが違います。

野菜・果物
















野菜・果物のお店も雑貨店と同じ屋外のエリアです。
外国らしい彩りのマーケットというイメージにピッタリ合う雰囲気が最高です。


営業時間(2022年2月時点)
営業時間は要注意です。
日本の「この時間なら空いてるでしょ」感覚で何度も失敗しました笑

月曜日:定休日
火曜日:6am -3pm
水曜日:定休日
木曜日:6am -3pm
金曜日:6am -3pm
土曜日:6am -4pm
日曜日:9am -4pm

閉まるのが早いので早めに行かれることをオススメ致します。
また、平日でも月・水は空いていないのも覚えておきましょう!

公式サイトで確認できるので本記事と時期がズレていると確認してください。

サイトではお店の一覧と地図も載っているのでチェック!

ビクトリアマーケットは、メルボルンのCBDにあるとても大きなマーケットです。
歴史もある昔から存在するマーケットらしく観光地感覚でもオススメです。

車でも基本的に駐車場で困ることは無いですし、トラムでも目の前まで行けます。

まだ行かれていない方は海外のマーケットを味わえますので、
ぜひ一度行ってみることをオススメします。


オーストラリアで車の購入・車の売却にお悩みでしたら
ガリバーオーストラリアにご相談ください^^

引き続き楽しいオージーライフをお過ごしください!


オーストラリア駐在ジャーナル
早川







2022年2月13日日曜日

免許証の切り替え【オーストラリア赴任時】














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 オーストラリア赴任時運転免許の切り替えについて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オーストラリア赴任時、最初にやる事がたくさんありますよね。

その中でも面倒くさいと思ってしまうのが、免許証の切り替え。

調べる前から面倒くさそうと思ってしまう免許証の切り替えですが、
必要な事ですので、記事にしたいと思います。

オーストラリアでは州ごとに様々なルールが異なります。
今回は私がいるビクトリア州での切り替えについての内容となります。
他州の方は他州のルールを調べて従ってください。

そもそも免許証の切り替えは必要なの?















ビクトリア州では短期滞在であれば日本の免許証と国際免許証があれば、
自動車を運転する事ができます。

しかし、
ビクトリア州では6カ月以上滞在する場合には免許証を切り替える必要があります。

日本で発行される国際免許証の有効期間は1年ありますが、
それは日本が認める期間で、渡航先によってそこでの有効期間が変わるというイメージです。

駐在として渡豪される方はほとんど長期滞在になると思いますので、
運転免許証を切り替える必要があると思います。

切り替え方
免許証の翻訳証明を取得し、Vic Roadsで切り替え手続きを行います。
(Vic Roadsとはビクトリアの道路交通の全てを管轄している政府の機関です。)

まずは、運転免許証の翻訳。

こちらに関しては日本の領事館でできますので、そこで行うのが無難だと思います。
私が渡豪したタイミングでは、コロナの関係で、領事館の予約が必要でした。

受付の機械で自動車運転免許証抜粋証明という項目を選択し、
窓口で手続きできます。

ここでは$29(確か)を現金でお釣りが発生しないように持っていきます。
(カードでの支払いができないのでご注意ください。)

そして1~2週間で翻訳されたものが完成しますので再度領事館まで取りに行きます。
(受付時に、受け取り日を予約)

Vic Roadsで予約を取り、当日に以下を持って行きます。

パスポート、日本の運転免許、抜粋証明、住所を証明するもの、切り替え料金。
メガネやコンタクトをしようしている方はお忘れなく!

切り替え手続き時に簡単な視力検査がございます。
(壁に書いてあるアルファベットを読むもの)

料金は免許証の期間によって異なるのでご自身にあった期間でお選びください。

免許証用の写真を撮り終了となります。

申し込み後およそ2週間で免許証が送られてきます。

ルールがよく変わるので、本記事だけでなく、
領事館やVic Roadsのサイトで確認してから実行するようにしてください。
(何かが間違っていたり、変わっていたりしても責任を取れません...)



これで晴れて、パスポートと国際免許証を持ち歩く生活から解放されます。

運転免許証は身分証明にもなるので早く取得できた方が良いので、
これを気にまだできていない人はぜひ!

引き続き楽しいオージーカーライフをお過ごしください。

オーストラリア駐在ジャーナル
早川




2022年2月7日月曜日

メルボルンの街に電動キックボードが!?






















ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いきなりキックボードが増えた!?
どうやって使うの?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルボルンの街に大量の電動キックボードが設置されたのにお気づきでしょうか?

本日はメルボルンで始まった電動キックボードのシェアリングサービスについて
記事を書きたいと思います。


ちなみに英語ではE-scootersと呼ばれているそうですが、私は分かりやすく電動キックボードと呼ばせていただきます(笑)



メルボルンの電動キックボード導入トライアル

実は今回の導入はトライアルで完全に導入された訳ではないそうです。
現在、世界中で移動手段として電動キックボードが注目されており、
ビクトリア政府も利点とリスクを理解し、州に適合するかどうかをテストするという目的があります。


利点としてはCO2の排出が無いことや、迅速に移動できる事などが挙げられますが、リスクとして安全性が問われています。


2月1日から1年間キックボードが街にトライアル導入されます。
(検証次第では延長される可能性もあるそうです。)


limeの電動キックボード
























電動キックボードのシェアリングサービス
現在電動キックボードのシェアリングサービスは世界中で展開されています。

ゼロ排出という環境面や、自転車以降あまり進化がなかった、新しい移動手段として注目されており、今や日本でも実証実験で導入されているエリアもあります。

日本ではポータルを探し、そこに置いて終了ですが、
メルボルンでは、街のどこでも乗り捨てが可能でとても便利です。
(運営側が回収したり、バッテリー交換したりと大変そうですが、、、)

ただ、どこでも速度制限が低速なことや、ヘルメットの着用、車道での走行など、
利用者にとって不便な事も多くあるのが現状です。

また歩道を走行して、歩行者に迷惑をかけたり、二人乗りをしたりと、適切に利用されていない状況も散見されます。

そういった課題を解消するためにもトライアルとして導入される事が多いのが、
現在の電動キックボードのシェアリングサービスという事です。



メルボルンの対象のエリア
メルボルン市・ヤラ市・ポートフィリップ市の3つの市で、
今回導入された台数はなんと1,500台です。
(オーストラリアの他の自治体でも導入されている地域はあります。)

その1,500台の電動キックボードはLimeとNeuronの2つのブランドで、
それぞれ750台ずつ配置されているそうです。
(白色のキックボードがLimeでオレンジ色がNeuronです。)

Uber傘下のLimeは既に自転車のシェアリングがメルボルンで行なっており、
Google Mapの移動手段の中にもLimeの自転車が表示されます。



使い方
Limeとneuronで少し使い方が異なるので、基本的な使い方をご紹介します。
(詳しくはご自身で試してみると良いと思います。)

まずはどちらもアプリのダウンロードが必要です。
Lime、neuronでアプリのストアを検索すると出てきます。

アプリではどこに電動キックボードがあるかがマップ上に表示されます。
そこまでの距離が分かるので、まずは乗る1台を見つけます。
(また、バッテリー残量なども見れるのでそこもチェックしましょう)

neuronアプリの立ち上げ時





























Limeアプリの立ち上げ時






























地図が出てきて、近くの1台を探す、どちらのアプリも同じような設計です。
街で停めてあるキックボードを見つけても地図に出なければ誰かが使用中です。

地図で空いている1台を見つけたらLimeは10分、neuronは15分間無料で予約して押さえられます。


キックボードまで到着したらバーコードをスキャンしてヘルメットを被って走行できます。


キックボードで入れないゾーンや、停められないゾーン、低走行ゾーンなどもアプリで確認できますので確認しておきましょう。


また、ルールは基本的に自転車と似ていますが、電動キックボード特有のルールもありますので、確認して安全に利用しましょう。
下記の参照サイトからもチェックできます。

今回の電動キックボード導入について紹介されているページ
・City of Melbourne

・Vic Roads
こちらには電動キックボードを乗る上でのルールもございます。

まだ利用してない方は一度試してみるのはいかがでしょうか?

引き続きエキサイティングなオーストラリア生活をお過ごしください。


ガリバーオーストラリア
早川







Summer Night Market

Summer Night Marketって? 前回Queen Victoria Marketについてご紹介しましたが、 今の期間ビクトリアマーケットはもう一つの顔を持っています。 多くの店が入っていて観光地としても楽しめる Queen Victoria Marketですが、 前の...